よくある不動産用語集及びQ&A

媒介契約・・・不動産売却を業者に依頼する際に結ぶ所有者と業者の契約の事。
         契約の形は3通りあり、専属専任媒介・専任媒介・一般媒介契約の3つに分けられます。
         ここでは上記3つの違いを簡単に説明しておきます。
        専属専任媒介→所有者が依頼できる業者は1社であり、所有者が買主を見つけた場合でも契約締結は不可。
         専任媒介契約→所有者が依頼できる業者は1社であり、所有者が買主を見つけた場合の契約締結は可。
         一般媒介契約→所有者が依頼できる業者は複数可であり所有者が買主を見つけた場合の契約締結も可。
         専属専任及び専任媒介の場合は指定流通機構への登録と所有者への定期的な報告義務がありますが、
         一般媒介契約にはそれらの規定はありません。
         一概にどの契約が良い(売れやすい)というのは無いと思いますので、依頼する業者とじっくり話し合い
         ましょう。

任意売却・・・簡単に言うとローン残債全額を支払わなくても不動産を売却する事です。
         もちろん本来返済義務のある金額を全額払わずに売却するので、債権者(銀行など)の同意が必要ですし、
         家を売却した後も借金は残ります。
         債権者との交渉等は依頼する業者に相談しましょう。

売却する際の経費・・・売却の相談を受ける際にはまず現地査定が基本となりますが、査定は無料でさせていただいて
             おりますのでお気軽にご相談下さい。
             他、売却が決まるまでに所有者様にかかる経費(広告費等)はありません。
             売却終了時の仲介手数料と印紙代のご負担が基本ですが、場合によっては測量や建物滅失登記、
             抵当権抹消など司法書士や土地家屋調査士等による費用が発生する場合もありますのでこれも
             依頼する業者に確認しておきましょう。

空家の維持管理・・・空家にしていると劣化していく進行も早くなり、建物の価値が下がります。
            また、庭木などが手入れされず、周辺にお住まいの方へ迷惑をかけてしまう恐れもあります。
            貸家や売却のお考えがなくとも最低でも月に1回は換気等をする等の事が必要ですし、将来売却する際
            に劣化が激しいと査定価格にも影響します。
            遠方にお住まいの方などで維持管理が出来ない方など、まずはお気軽にご相談下さい。

仲介と買取の違い・・・仲介は不動産業者が間に入り、買い手を探していきますので、デメリットとして売却までに
             時間がかかる場合もありますが、市場の相場価格で売却できるというメリットがあります。
             買取のメリットはすぐに現金が手に入る事、仲介手数料が不要である事等ですが、
             仲介市場相場よりもおおよそ4割から6割ほど安くなるでしょう。